岩崎 紀美子さん

看護師NURSE

看護師 NURSE
岩崎 紀美子さん KIMIKO IWASAKI

すいとぴー本牧三渓園
平成25年入社

医療と介護がバランスよく働く職場作りに力を入れ、まだまだ良い施設が作れそうなので、新しい施設のスタイルを構築したいなと思っています。

Q1 すいとぴーを就職先として選んだ理由は何ですか?

病院勤めの後、高齢者の在宅医療に興味を持ち、訪問看護で10年以上勤務をしてきました。
個人プランでお一人お一人に寄り添って看護をしたいという想いで訪問看護を続けている中で、終の棲家と言われる有料老人ホームの存在を知りました。この施設であれば自宅に近い生活を送られる中で、継続してお一人お一人に寄り添うケアが実現できるのではないかと転職を決意しました。
自分の転職のタイミングと、施設のオープニングが重なったことも、すいとぴーに入社を決めた理由です。

Q2 すいとぴーに入社してからの経歴と、現在の仕事内容を教えてください。

看護と、介護のチームワークで仕事をしいる中で、当初は看護指示が優先という状態でした。
そうではなく、看護、介護が共に動き、それぞれの専門性を生かしてご入居者のケアをしていく方向に持って行きたいという思いで、ミーティングを繰り返し、皆でフロアをつくっていく事に注力してきました。
その過程で、チーフと言った役職をいただき、結果誰よりも情報を持てる立場になったことで、出来ることが増え、介護、事務、看護の連携をとりつつ仕事ができるようになりました。

仕事内容は、ご入居者の健康管理がメイン業務になります。
私の勤めている施設は24時間看護師が勤務していて、医療依存度が高い方が多く入居されています。看護師もフロアの担当制をとっていて一人の看護師が、より一人のご入居者の病状、状況を詳しく把握しています。その為ご家族の要望にすぐに応えることができるメリットがあります。
体調を崩された後に、立ち上がりが悪くなってしまったご入居者のご家族から相談を受けて、介護スタッフと立ち上がりを補助すると立ち上がることができました。その時のご入居者の笑顔を励みに、明日も一緒にやりましょうと、立ち上がりの方法をチームで連携をとり、共有し実現することができました。

Q3 すいとぴーで働くうえで大切にしていることは何ですか? 

「あなたをちゃんと見ていますよ。」というサインを相手に送る事、 “声掛け”をご入居者と関わる上では何よりも大切にしています。
これまで知識や技術を生かすことが看護師の一番重要な役割だと思っていましたが、資格や職種に関係なく日々の声掛けで安心できる関係と言うものを築けた後に、初めて自分の知識や技術が生かせるのだとここへ来て学びました。相手の事が大好きですよ。大切に思っていますよ。という気持ちを、言葉に乗せてお届けするように心がけています。

Q4 すいとぴーで働いていて「良かった」と思うことは何ですか?

日々いろいろな課題に直面しますが、どんなに難しい課題でも、ご入居者が安心して生活していくために何ができるか前向きに考え取り組む風土がここにはあります。その中で働くうちに、自分自身の考え方も前向きに変わっていきました。
ご家族やご入居者の要望に全て応えることができなかったとしても、そこへ行きつくまでに何かできる事はないか、真剣に常に前向きに考える事で、自然と笑顔で仕事ができるんです。 元気に働ける環境があったから、4年間で仕事だけでなく人間的にも成長できたことが本当に良かったです。

Q5 年間休日の多さがすいとぴーのウリの1つですが、お休みはどのように過ごしていますか?

休みの日は、溜まった家事をこなしたり、ご飯もゆっくり作れるので家族に手をかけた料理をふるまったりしています。
本を読むのが大好きなので、時間があれば読書を楽しんでいます。職場の仲間とも本の貸し借りをしていて、新しい作家さんとの出会いを楽しんでいます。

Q6 すいとぴーで実現したいこと、将来の夢は何ですか?

有料老人ホームでの看護の業務を看護の仕事の先駆け的に考えています。今後医療依存度が高い方が高齢者施設で生活する事、また看取りも今よりもっと当たり前になってくる中で、看護師の役割も変わってくると考えています。
病院での知識も活かせますし、新しい看護の職場として可能性がたくさん眠っています。医療と介護がバランスよく働く職場作りに力を入れ、まだまだ良い施設が作れそうなので、新しい施設のスタイルを構築したいなと思っています。

1日の流れ

朝 9:00

出勤し、夜勤の看護師より申し送りを受ける。フロアの申し送り指示出し。フロアに出て薬の確認や受診が必要な方は医療へ連携

排便コントロール、定期処置、状態観察、ドクターとのミーティング、薬局対応

昼食時の様子を観察

休憩
午後

書類整理
事務所、フロアと入居者様の今後の方針についてミーティング

レクリエーションの支援、ご家族への支援、必要な処置を行う

夜勤者への申し送り
PC入力